DTPデザイナー(名刺・チラシ)のつぶやき

DTP/WEBデザイナーとして活動しています♪ 日記というよりはDTP/WEBに関する実用的な情報を 書いていきたいなぁと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印刷方式の選択・説明 「オンデマンド・オフセット」悩み中の方へ!

「色々な印刷方式があって何を選択していいのか分からない。」
「一番安い印刷方法は?」
「印刷屋さんの選び方がわからない。」

今回は名刺を印刷するということに特化し説明します。
印刷の用途「チラシ」「ポスター」「封筒」のよって
印刷の選択方法は変ってきます。

■印刷の種類

1.インクジェット・レーザープリント出力
家庭用・オフィス用のプリンターを利用しての出力
高解像度のインクジェットプリンターが安価購入できるので
名詞用インクジェット専用用紙を利用して名刺を作成している方を多いと思う。
納期・データの変更もご家庭・オフィス内で完結するので即時対応が可能です。
最大の問題点は自分で作る作業工数に加えて費用が高いということ。
名刺用インクジェット専用用紙、印刷インクコストはとても高価である。
また多くの枚数になればなるほど金額的にパフォーマンスが悪くなる。
ロット数(印刷枚数)が多い場合は圧倒的にオフセット印刷がお得になるが
名刺の場合は印刷面積が少ないので数千程度のロット数であれば
オンデマンド印刷もオフセット印刷も大差は生じないように感じます。
以下にそれぞれの特徴を記載します。


1.オンデマンド印刷
「オンデマンド」という名の通り印刷納期が比較的短縮できる印刷方式
コピー機・プリンターのような感覚でPC端末からオンデマンド印刷機に
データを送信することで印刷する。
オフセットの版下を作る必要が無いのでデータから直結で印刷できるという
観点からは納期が短縮できる。
ですが一枚あたりの単価は高くなり枚数が増えれば増えるほどオフセットが有利となる。
印刷の粒度だが、一般的なオンデマンド・オフセットを比べた際は
やはり差縮まりつつはあるもののまだまだオフセットのが高品質である。
また特徴としてインクにテカリが生じることがあるようだ。


3.オフセット印刷
古くからある方式で版下をつくりいわゆる版画のように印刷していく方式です。
版と印刷用紙が直接設置しない為、オフセット印刷と呼ばれている。
上記の印刷方法に比べ版を作成する必要があり小ロットでは枚数単価が高くなってしまうが
印刷コストが非常に安価で済むため、ロット数の増大とともに
枚数単価が安くなっていく。
また校正(実際の仕上がりを確認するのにも)版下の作成が必要なので費用がかかる場合がほとんどである。
品質はデジタル印刷に比べても非常に安定して高品質である。
スポンサーサイト

テーマ:仕事と資格 - ジャンル:就職・お仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mityamitya.blog117.fc2.com/tb.php/4-9f110405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。